×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ベイタウン旅行倶楽部
新東京観光・その2
なんと申しましょうか。東京ってなんだかんだ楽しいところっすよね。なんと言っても大好きなB級の飲食店が多い。レベルも高い。お金あんまり持ってなくても満足できる。そんな感じで東京をほっつき歩いています。特に東東京を重点的に。寄稿も歓迎っす。よろぴく!



清澄白河の清州寮
あの同潤会のアパートが建設されていた最後の年(昭和8年に建てられた)アパート。一階にはお洒落なカフェなどが入っていて古さを感じさせない。

清澄白河を歩く(その2)の続き。

ここも以前から気になっていたところ。
残念ながら明るいときの訪問は叶わなかった。

なんとこの建物は昭和8年の竣工だそうだ。
ということは、80年以上も前の建物ということになる。
凄いね。
1階に入る店舗はお洒落なので、古さを全然感じさせない。

このページに詳しく書いてある。
http://farwestto.exblog.jp/10568539/

右の写真も拝借させて頂いた。すみません。

同潤会ビルを思い出すね。

尚、この建物は一階だけ店舗で階上は普通の住宅になっているので、プライバシーの侵害には注意してくださいとのこと。



わ。凄くいい感じ。



階段下の空間はいわゆる昭和の鉄筋のアパートの平均的なビジュアル。
でもお洒落な雰囲気だ。



その1階に入っているカフェ。

ギフトラボガレージ
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13176502/



ここは開店準備中のカフェバー。
やはり清州寮の一階。

Y's = https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13155456/



清州寮だったか違う建物だったかわからない。
この上のギフトラボの並びであることは間違いない。

ところで、なんの店だろう。

さて、裏路地から再び資料館通りに戻る。
そろそろ八仙苑がオープンする頃だ。



やっぱりこの街の人はお洒落なんだなあ。
何気なく車庫にこのクルマ。



路地裏に入ったところの隠れ家的なバー。
場所は深川江戸資料館の裏手。

紺青
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13178948/



再び深川江戸資料館。
ここから例の中華料理「八仙苑」へ向かう。



この前、ジャズミー横丁の会場のひとつだったミディアムの前bの道で。
物凄くレアなベンツ。



おお。ここもいいな。
資料館通り。

昼間まったく気づかなかった。

山食堂
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13124125/



雰囲気のいいノスタルジックでなかなかのネオン。
しかし、この通りに商店が見当たらない。(泣)



お好み焼き・もんじゃ たぁぼぉ
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13133248/



夜の呉服屋さん。
今日この前を通るのは二度目。

深川 田巻屋
http://www.tamakiya-gofuku.tokyo.jp/

素晴らしいホームページがあるじゃないですか!!!



だるま。
今日は我慢。

お。でも、もうほぼ満席だよ。
素晴らしいな。



和菓子 いちかく
https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13077432/

この店の斜め前に焼き鳥屋さん(肉屋さん?)があって、イートインというか、外にテーブルを出している。いいね。まだ例の中華屋さんがオープンになっていないので、そこでちょっとビールを飲んでゆくか。(笑)

2016.11.6  <しばざ記 1849

▲このページの先頭へ



清澄白河 ジャズミー横丁 / 清澄白河を歩く(その1) / 清澄庭園 /

清澄白河を歩く(その2) / 清州寮 / 清澄白河で飲む


新東京観光(インデックスページへ) ベイタウン旅行倶楽部のトップページにジャンプします!
Oretachi's Homepage in Makuhari