×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ベイタウン旅行倶楽部
新東京観光・その2
なんと申しましょうか。東京ってなんだかんだ楽しいところっすよね。なんと言っても大好きなB級の飲食店が多い。レベルも高い。お金あんまり持ってなくても満足できる。そんな感じで東京をほっつき歩いています。特に東東京を重点的に。寄稿も歓迎っす。よろぴく!



清澄白河 ジャズミー横丁
清澄白河は、隅田川沿いの街。南北を門仲、森下といういかにも下町の代表格というような街に挟まれているが、両者と異なり、意外に静かな街なのだ。


10月23日 日曜日
快晴だ。そして昨日みたいに寒くない。最高の行楽日和。
今日は待望のジャズミー横丁。
清澄白河の駅界隈を舞台に色々なアーティストが競演する。

藤田さんと現地に早めに行って、清澄庭園や深川江戸資料館などを見学したいね、なんて話していた。しかし、タイミング悪く、出かける1時間前にクライアントさんからのご要望があってあれこれとPC上での作業をやっていて、出発が遅れることになった。藤田さん、申し訳ない。日曜日にもクライアントさんと繋がっているというのは、便利っすね。(笑)

星野さんは清澄白河の駅辺りで待ちあわせることに・・・。



ということで、10時に出発。
幕張海浜公園では今日もドッグランをやっている。



地下鉄の門仲で降りて、清澄白河までは歩いてゆくことにした。
途中で芭蕉の像を発見。

半月ほど前に南千住でも芭蕉の像を観た。



仙台掘り川。
久しぶりに観た。



清澄通り沿いの薬屋さんの前。
サトちゃんだ。



星野さんと合流。
深川江戸資料館前通りを東へ。

この辺りを歩くのは初めて。
思ってたよりもいい雰囲気。



寺も点在している。
これは雲厳寺。

違う。失礼。霊厳寺でした。
元々は霊厳島(中央区新川)にあって、その後、同地に移転したということだ。



深川めしの店。
行列が出来ている。



深川江戸資料館。
ここもジャズミー横丁の会場のひとつだ。





大衆的な呉服屋さん。
下町っぽくていいね。



ここが商店街の事務所。
その商店街の正式名称は、深川資料館通り商店街協同組合。長ったらしくて覚えにくい。



ここでジャックさんにお願いしてたチケット3枚を買う。
右側の女性が主催者でピアニストの深澤芳美さん。後で知った。



これがチケット。
いい感じ。



まずは乾杯。



まずは昼食を兼ねて「medium」っというこじんまりとしたレストラン。
ここでは早稲田大学のニューオルリンズトリオの演奏が聴ける。



これは藤田さんの写真かな?
我々の席からはカウンター越しになってよく観えない。



これがランチ。
ポーボーイってのもガンボスープというのも馴染みが無い。



キンミヤの炭酸割で乾杯。



これがガンボスープ。
真っ黒だ。
イカスミが入っている感じだね。

見た目はグロいけれど、味はグー。
シーフードが入っている。



えーと、これも旨かった。
ポーボーイというのはニューオリンズの名物サンドウィッチなんだって。

以下、ネットから。
「ポーボーイという名前は、昔、あるレストランのオーナーがストライキ中の貧しい労働者(poor boy=貧しい少年)に、レストランの残り物でサンドイッチを作ってあげたことに由来するそうですが、時は流れ、今ではこんなに豪華で美味しい料理になりました。すてきなサンドイッチを発明してくれたレストランオーナーに感謝ですね!」



フレッシュな演奏を聴かせてくれた。
一旦清算して店の前から撮影。



記念撮影。
スタッフに撮ってもらう。



そして早めに次の会場に移動。
その前に乾杯。



次の会場はここ。
雲光院という寺。
なんと、阿茶の局の墓があるという。
な、な、なんと。あの真田丸に今出てくる斉藤由貴が演じているあの阿茶が・・・。

凄い。

そして後で調べたら、阿茶の局が家康亡き後、まさに雲光院という名前になるのだ。
そうなんだ。
びっくり。



ここが本堂。
ライブは、ここを左に行って、そして右に行ったところ。



ここなのだ。



会場はオーディエンスでびっしり。
あらららららら。

結局立ち見。



でも楽しいライブだった。
左端はクラリネットの花岡詠二さん、右端はボーカルの吉澤紀子さん。
やはり吉澤紀子さんのボーカルは素晴らしいのだ。





あー楽しかった。

雲光院の境内。



さて、これからまた別の会場に移動です。



雲光院の前の会場のひとつ鉄工房でスーザホーンの菊池さんにお会いする。



記念写真。
藤田さんは、ベイタウンでも一緒に記念写真を撮っているね。



スタッフさん。
早稲田大学の学生さんだ。
ジャズ研のオケでウッドベースを担当しているそうだ。



とりあえず鉄工房を覗いてみた。
おお、いい雰囲気の会場じゃないですか!!

残念ながらここで藤田さんとはお別れ。
藤田さんは、これから船橋に行って、ちこさんのライブに駆けつける。
ちこさん達によろしく言ってね!!!



次の会場は「mode plus」というピアノ教室。
ひょっとしてここが深澤さんのお住まい???

ここではジャックさんが弁士を務める紙芝居だった。
ピアノが深澤さん、そしてバイオリンはなんとジャックさんの娘さん。



ジャックさんの娘さんは、西田早良(にしださら)さんという。
ご覧のようにお若い。
ジャックさんに似ているけれど、チャーミング。



残念ながらここでも立ち見だったので、かなり辛くなってきた。
申し訳ないけれど、ここを早めに出て、座る為に次の会場で待つことにする。

次の会場でもこの父娘ユニットが出演する。
後で分かったのだけど、次のステージは早良ちゃんメインのバンドなのだ。



早良ちゃんのヴァイオリンはとても音色がいい。



次の会場に移動するときにハロウィンの一行に出会った。
楽しそうだにゃあ。



そして鉄工房に到着。



中でビールと磯辺焼きを購入。



会場では前のプログラムの吉澤紀子さんのステージをやっていた。
鈴木正晃さんのトランペット。
いいぞ!!



これはスマホで撮ったもの。
メディアが分かれてしまうので、後で面倒なことに。
でも、スマホは段々と便利なものだというのが分かりかけている。

ステージの入替時に、なんとか椅子を確保。
やった!!



次のステージは、早良ちゃんに因んで、アーリーグッディーズというバンド名。



菊池さんの喋りもなかなか良かった。
菊池さんはジャックさんの呑み友だちとかで、早良ちゃんのことは小さい頃から知っているということだった。そういうのっていいよね。



もちろんジャックさんの「ダイナ」(旦那)も。(笑)



父娘。



ワタシもお邪魔して・・・。(笑)



星野さんも。



菊池さん。いやぁ、最高でした!!



ドラムの日高さん。
また浅草HUBに行きます!!



深澤さん、素敵な演奏でした。



鈴木正晃さん。
手にしているのは、ちょっと珍しい楽器。

なんだっけ?



星野さんと。(笑)

さて、またまた雲光院の会場に移動。
いいタイミングで座れた。



缶ビールを買って・・・。



星野さんがオリーブを買ってくれた。



最後のステージは深澤芳美さんが前説。

なんと、11月14日にこの雲光院でお月見コンサートだそうだ。
深澤芳美&キャロライナシャウトだって。
ボーカル、吉澤紀子さん、ドラム日高さん。
ああ、行きたいなぁ。



バンジョーの丸山さんが物凄くいい!!!



左は、ご住職。
右はお顔が似てるので、息子さんかな?

ご住職にはワインをご馳走になる。
有難うございます。



またまた吉澤紀子さんの歌を拝聴できた。





演奏終了後、丸山さんと。
いやぁ、素晴らしいライブでした。
有難うございました。

丸山さん、ご自身のバンドを持っていて、後でYOUTUBEを拝見。
いやぁ、いいね、いいね。
10月30日の浅草HUBでのライブに行きたいな。



楽しそう!!!

それにしてもジャズミー横丁。とても楽しかったです。
小規模ながら、いや、小規模だからこそ、温かみを感じました。
関係者には心から感謝です。
誘ってくださったジャック天野さん、有難うございます。
同行頂いた藤田さん、星野さん、有難うございました。
深澤さん(このページご覧になっているかどうかわからないけど)有難うございました。
どんどんこのイベントが発展することをお祈りしてます。
また、商店街の皆々様、深川資料館通りの界隈が気に入りました。
また来ます!!!

2016.10.23

▲このページの先頭へ





深川の名店 居酒屋「だるま」


打ち上げってことじゃないけれど、ここで飲んでゆく。
実は食べログ等でチェック済み。



満員だけど、席を無理やり開けてもらった。



とりあえず乾杯。
今日何回目なんだろう。(笑)



ああ、いい雰囲気の店だなあ。
最高っ!!



ビールの後は、焼酎、梅のお湯割り。



めざし。
これが旨い。



しめさば。



イカ。



同席した彼らとのやり取りも楽しかった。



イタリアン娘さん。
美しい方と相席させて頂き光栄です。
すみません、こちとらくそじじいで。(苦笑)

因みに日本語ペラペラ。
しかも博学でもいらっしゃる。
日本に長く住んでおられる。(日本の企業で働いてらっしゃるということですね。)

彼女のお陰でとても楽しかった。
そして、かなり酔っぱらってしまったっす。
また会えることを願いつつ、同店を後にする。

清澄白河、最高っすねえ!!



すっかり酔って、門仲に移動。



お不動さんの参道。



えーと、なんという店だっけ。
星野さんが先日来られたばかりと言ってた立飲み屋に入る。



おお、ウマそう。(食べたのをあんまり記憶してない。)
もう酔っ払い過ぎている。(笑)
合鴨だそうだ。(← 後で知った。)

2016.10.23  <しばざ記 1843

▲このページの先頭へ




清澄白河 ジャズミー横丁 / 清澄白河を歩く(その1) / 清澄庭園 /

清澄白河を歩く(その2) / 清州寮 / 清澄白河で飲む


新東京観光(インデックスページへ) ベイタウン旅行倶楽部のトップページにジャンプします!
Oretachi's Homepage in Makuhari