×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ベイタウン旅行倶楽部
親子で行った上野・浅草
息子が今年で小学校6年生になる。もちろん小学校最後の学年だ。来年は中学生。となると、世の常なのかもしれないが、おやじとなんか一緒に出かけてくれなくなる。いや、そういう噂を聞く。だから、無理やりというか、息子と二人で上野と浅草を歩き回った。

新東京観光


ベイタウン旅行倶楽部 > 新東京観光 INDEX > 親子で行った上野〜浅草

私は亡き父と幼少の頃二人で行った浅草や上野のことを、今でも時々思い出す。浅草の花やしきの辺りの赤提灯で何か食べたことも薄っすらと覚えている。あの時のシチュエーションには程遠いが、息子と二人で、同じように歩いてみたかった。

上野の末広亭の近くのマクドナルドで昼食を買って、不忍池のほとりで食べた。ボートに乗ったり、上野の森を散歩したり、また、ちょっとコアな怪しい店(フィギュアなどが売っている店)にも寄った。

浅草では、仲見世を歩き、浅草寺の境内でちょこちょこ食べ歩きもした。雷門の大きな提灯に息子は喜んだ。花やしき(改装工事の為に休業)の方面にも行ってみた。父親に連れられて歩いた私の幼少期とオーバーラップしていた。昭和の頃の浅草六区の風景が蘇った。

帰りに常盤堂で人形焼を彼の母親(おっと、俺の妻だ。)のお土産として買った。結構歩いたので、二人ともくたくた。殆ど無言のまま電車に揺られて幕張へ帰ってきた。夜8時頃になっていた。



上野駅の不忍池口で電車を降り、上野公園へ。公園入り口ではお馴染みの似顔絵描きが。
似顔絵描きのおじさんたちって、定位置(居場所)が決まっているのだろうか。



右:ここ(不忍池の淵)に立って見渡すと、近未来的な超高層ビルが池の向こうに建っていて、びっくり。少なくともあの2つのでかいビルが出来てからここに立っていなかったということになる。おでん屋の屋台との対比が凄すぎ。



右:中央のビルは東天紅。その向こうに巨大なビルだ出来たので目立たなくなってしまったが、かつては東天紅が池之端で一番でかい建物だった。いっぺんだけ(三十代の初め)贅沢しようと入ってことがあるが、不忍池を眺めながらの料理に紹興酒は忘れられない思い出になっている。




不忍池で、息子にボートを漕がせ、のんびり。時々水しぶきで濡れる。ま、でも、初めての割りにはなかなか上手だ。親ばかも少し入ってるけど。




左:西郷さんの銅像の前の広場。上野駅の向こうに浅草方面の景色が見られて好きな場所なのだ。
右:せっかく上野に来たのだからと、以前は良く寄っていた韓国人街。
  この辺りで焼肉を食べ、そしてキムチを買って帰るのに凝った時期もあった。




左:下谷神社の鳥居。
右:刃物屋さん?のショウウィンドウ。これはノミだと思うが色々な種類の刃があるもんだ。

▲ このページのトップへ

*  *  *





稲荷町から河童橋の界隈を歩く。上野から浅草までは2つ分の駅があるけれど、個性的なお店を眺めながら歩くと楽しく、あっと言う間に浅草に到着する。地下鉄に乗るなんて景色が見えないから勿体ない。

▲ このページのトップへ



左:国際通り。雷門1丁目の三叉路。
右:かつてここに仁丹塔があったが、今やその面影はまったくない。




葵丸進の天ぷらは安くて美味しいという噂。
この後、どこにも寄らないで帰るのだったら買ってゆきたいところ。




雷門の周辺はいつ来ても賑わっている。この日、本当は平日(息子は学校の振り替え休日)なのに、まるで休日並みの人出だ。休日も平日も関係ないのかもしれない。
▲ このページのトップへ

*  *  *


左:これ、なにかっていうと、雷門のでかい提灯の底面。凄い彫り物が施されている。
右:ぎっしり人で埋まる仲見世。



左:仲見世から雷門を見たところ。
右;元祖・紅梅焼きのお店。ところで紅梅焼きってなに?しかも、全商品半額って??




▲ このページのトップへ





左:外はぱりっぱりで香ばしく、中はふんわりのメロンパン。




右:木馬座。まだ一度も入ったことがない。




この日、花やしきで遊ぶ予定だったのに、なんと、点検日とかで、お休み。基本的に年中無休な筈なのに、なんと運の悪いことだ。息子はともかく私がショックを受けてしまった。



左:人通りの少ない路地から見上げるビューホテル。今、名称はどうなっているのだろう。
右:花やしきの裏手。なんとなく哀愁が漂っている。




どこも人でいっぱいの浅草だけど、平日の花やしきの近辺は人通りも少なくて寂しい感じ。
花やしきがやってないのもあるかもしれない。



左:寂れた感じのヒサゴ通りもリニューアルしたようだ。暫く来てなかったからなあ。


左:店に入ると、「どん!」と一発大太鼓を鳴らしてくれるのがクセになる米久。
右:サトちゃんが健在。でも、これって新しいよね。






浅草演芸ホール。たまには行きたい。


左:映画館街。人は多いけれど、殆ど素通りか。
右:洋食屋さん。いいね、この雰囲気。



左:バッティングセンター。花やしきがやってなかったストレスをここで発散?
右:浅草ラーメン。あっさり醤油味。浅草海苔のトッピング。



左:路地から眺める五重塔。この雰囲気がたまらないのだ。
右:歌謡曲のメッカ。浅草には演歌が似合う。





伝法院通りがこんなふうにおしゃれに変身したのは知らなかった。
でも、浅草なのに浅草のレプリカのように見えてしまうのは気のせいだろうか。



下町ならでは?ホッピーの看板があちこちに。
ビールも高いからね。



右:浅草ならではの宅急便の営業所。色合いがいい。






左:夜の仲見世。最近、こういう写真を撮ると、大抵1〜2人はケータイでなんか喋っている。
右:常盤堂。



左:常盤堂で買った人形焼。ミニサイズで美味しかった。
右:ライトアップした雷門。



2007/2/5 Zaki


▲ このページのトップへ



新東京観光(インデックスページへ) ベイタウン旅行倶楽部のトップページにジャンプします!
Oretachi's Homepage in Makuhari