×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ベイタウン旅行倶楽部
恵比寿
仕事の関係で恵比寿はもうなんていうか毎日のように出没していた時期もあったのに、パタッと行かなくなって久しい。初めて食べた花月のラーメンや、今はなき(?)元祖恵比寿ラーメンが懐かしい。駅に隣接したマーケットももうとっくに無くなってしまったのだね。

新東京観光


恵比寿駅・西口
日比谷線も接続している。


ご存知、恵比寿様




恵比寿駅周辺




ネパール・レストラン「クンビラ」
ベイタウンのネパール料理店のジャイネパールが開店する前、玉置夫妻はここで働いていた。オーナーはマヤさんの実姉。ジャイネパールの味と比較してみるのも面白い。

恵比寿銀座通り

お洒落な質屋

喫茶「銀座」

雀荘
ボウリング場のある通り
恵比寿駅のロータリーの脇道を目黒方面にほんの少し歩いたところにボウリング場がある。屋上にはバッティングセンター。その通りは目黒に向って上り坂。この両側にはマンションブティックやお洒落なレストランが点在している。


カルピスも恵比寿が本拠地




ガーデンプレイス




若者には人気のある街。都内で有数のお洒落スポットであるガーデンプレイスがあるし、なんといって近くにはあの代官山が控えている。かといって、恵比寿はつんとおすまししているのかというと、さにあらず。美味しいラーメン屋もいろいろあって、庶民的な顔も持ち合わせている。駅周辺にはきっちりとおやじスポットが残っているので、探すべし。でもなあ、ベイタウンからはちょっと遠い。行くのが面倒。なにもそこまでわざわざ行かなくとも、東京駅近辺で十分。なんて強がってはみる。

恵比寿を歩くなら、ちょっと平日の昼間がお勧め。わざわざ行くのもなんだから、ビジネスマンだったら、恵比寿辺りに顧客を持つべし。現に筆者は若かりし頃、殆ど毎日恵比寿に行く用事を作っていた。渋谷や新宿、六本木も仕事では重要な意味合いを持っていたが、行くだけで疲れる。恵比寿へは逆。なぜかリフレッシュできる。

あの落ち着いた風情はどこから来ているのだろう。お隣の目黒とも違う。更に南下した五反田とも違う。ちょっとおやじっぽいんだけど、目黒や五反田より若いおやじという感じ。かといって、広尾みたいにお高くとまってない。駅前にはひと昔前に大流行したラーメンの「香月」もある。
あ、今でも人気か。

今や臨海線から直接恵比寿に行けることだし、この際まったく予定も無い日曜日、恵比寿にぶらっと出かけてみてはいかがだろう。私はあんまり好きじゃないが、ガーデンプレイスもきっと楽しいはず。(この記事を書いているH15.4.22は、オープンを控えた六本木ヒルズの話題で持ちきりだが。)

但し、臨海線の利用は高くつくので、お金をかけたくない場合は京葉線で東京駅まで行き、山手線に乗り換える。恵比寿までは、海浜幕張駅からおよそ1時間ちょっとで行ける。ベイタウンからの徒歩を加えても1時間半あれば十分。お昼は、ジャイネパールの玉置マスターがかつて修業していたネパール料理の「クンビラ」に寄ってみたい。1000円のランチを食べ、ジャイネとの味の比較をして俺達HPまでリポートを欲しい。(なんちゃって。)

因みに筆者の嫁さんは恵比寿で出会った。あ、関係無いか。

尚、このページの写真は全てマクセルのMS-30(35万画素)というオモチャみたいなカメラで撮影している。画像のサイズ、荒れ、色合いなどのクレームは一切受けつけないので、よろしくお願いしたい。

2003/4/22
▲ このページのトップへ




新東京観光(インデックスページへ) ベイタウン旅行倶楽部のトップページにジャンプします!
Oretachi's Homepage in Makuhari