×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



ベイタウン旅行倶楽部 新東京観光ガイド
下北沢 SHIMOKITAZAWA
代官山とか自由が丘みたいにお洒落な街ではないけど、そこがまたいいところ。ごちゃごちゃしているのがたまらない。その昔、駅に隣接したところに、バラックの市場みたいなものがあった。あの場所がたまらなく好きだった。今はもう面影もない。

新東京観光トップページへ



1981年から約5年間ほど私は下北沢に住んでいた。実際には東北沢寄りだったが、休日を過ごしたり、夜な夜な飲みにいったりと、下北沢が中心だったので、その頃のアパートの周辺よりも下北沢の駅周辺の景色のほうを鮮明に覚えている。

写真左:茶沢通り。前方に井の頭線のガード。(1981年5月)

シモキタといえば、本多劇場が有名で、私が住んでいた頃の後期にあれが完成されたのだが、その前には「すずなり横丁」の劇場(今は「ザ・すずなり」だっけ?)が有名だった。期せずして、私のその頃の友人には演劇を目指している者、映画監督になるのが夢、とか、ロックにかぶれている者、などなどが、やはりシモキタにたくさん住んでいた。

私もこの頃は志を持っていた。でも、住んでいるうちにいつの間にかしぼんでしまった。なぜだか分からない。私の友人はヒトヤマ当てて、この街を出てゆくと豪語していた。本当にそうなって渋谷だの青山に事務所を構えて、この街を出ていった者もいるし、私のように5年間もこの街でくすぶっている者もいた。

上の写真は1981年5月に撮った。この数日前、私の友人がバイク事故で死んだ。生前、この道をその友人と酔っ払いながら何度も歩いた。この写真が彼の追悼の意味で撮ったのかどうか撮影者の私も分からない。

一番上の右の写真(スナックが並んでいる)は、すずなり横丁だ。撮影日は5月の日曜の早朝。上の写真の次の週くらいだろうか。アルバムに「朝まで飲んでいた」とメモがあったので、おそらくこの店のどれかで飲んでいたのだろう。今でこそ朝まで飲むという機会は無いが、20代の頃はそうやって怠惰な生活をしていた。

そうだ。今、思い出したけれど、この細い道を挟んだ右側はゴルフ練習場だった。今もあるのかなあ。

背後には大きな古い住宅が並んでいる。考えてみれば、シモキタって、下町っぽいんだけど、周囲は高級住宅街なのだ。なんでそんな場所にあんな下町っぽい雰囲気が残っていて、しかも、若者が集まる街になったのか不思議でならない。ま、その中の一人が私だったのだけど・・・。
左上の写真は、高台になっている日本専売公社の寮の屋上から見下ろすシモキタの街並み。遠くに渋谷区神南のNHKが見える。

2005/3/31 Zaki


[追加記事]
2006年12月13日(水)、小田急線沿いに用があったので、ついでにシモキタにも寄ってきた。
夕刻から冷たい雨が降り出す。




左: 今や「鈴なり横丁」の看板になった「ザ・スズナリ」。結構有名になった。
右: 一番上の写真の右側と同じアングルの写真。向かいの北沢タウンホールから撮影。

驚いたことに、25年ぶりの写真なのであるが、「スナック登志」は未だ健在のようである。
鈴なり横丁の裏側にあったこんもりした森(もしくはお屋敷?)が無くなってしまったようである。それから、路地を挟んだ右隣には新しい建物の商業施設になっていた。

晴れていれば、もう少しいろいろ歩いてみたかった。今回は南口を降りて、「ロフト」の辺りまで歩き、そしてぐるっと回り、本多劇場の前を通り、「a亭」で江戸っ子ラーメンを食べるというコースをごく短時間でざざっと歩いた。北口のほうはまた今度の機会に歩いてみたい。しかし、相変わらず人が多い街だ。それと目についたのが中古DVDとCDのショップの多さ。さすがに若者が多い街だけはあるな、と感じた。

右の写真は、ギャラリーなのか、へんなオブジェが面白い。ふんどしに「はなみず屋」と書かれている。そして、その下には「ご自由にお入りください。」と書かれているのに、どうも中には誰もいない。

こういう「くだらない?」(と言ったら失礼か)モノが許される街がシモキタなのである。




左 : 本多劇場の入り口。倉本美津留作、竹中直人&井川遥主演の「そう。」が上演中である。
中央: 二十数年前によく行った「a亭」。店内はほぼ満員だった。
右 : 「a亭」の看板メニュー「江戸っ子ラーメン」。中国四川省の漬物がポイント。

茂野製麺のサイトに寄稿しました >>> 茂野麺紀行 第4回「江戸っ子ラーメン『a亭』」




左: 雨でも人通りが多い南口商店街。
右: 我が青春の思い出、下北ロフト。残念ながら閉店したようである。
   「since 1976」とステッカーに書いてあるので、誕生は30年前ということか。




左: 雨の夕刻。下北沢南口。
右: 左の写真の階段の昇り口にある立ち食いそば屋。
   小田急線沿いに多い「箱根そば」。ただ、このお店で食べた記憶は無い。



左: 自動改札になった程度で当時からあまり変っちゃいない。
右: 新宿行きのホームへ降りるところで。ちょうど急行が出たところ。

下北沢の駅は現在ホームの拡張工事をやっているところ。あと数ヶ月すると新しくなるのだろうか。駅も街もどんどん綺麗にお洒落になってゆくのは嬉しい反面、私が遊んで、私が愛した下北沢の街がどんどん離れていってしまうようで寂しい。

2006/12/13 追記


* 時々、管理人である私がサイトの更新を怠ってしまうと、上下に大きな広告が入ります。ご容赦ください。
* 尚、このページに限らず、旅行ページと称しながら、大した旅行も出来ていないことをお詫びしておきます。
* 旅行したいっす。(管理人)

▲ このページのトップへ


新東京観光(インデックスページへ) ベイタウン旅行倶楽部のトップページにジャンプします!
Oretachi's Homepage in Makuhari